2018年04月26日

正解はどっち?【塗装編】

これから夏に向け暑くなってきますよねー
それに伴い、お家のダメージも寒い→暑いに代わり変化していきます。

特に建物の外部は内部を守る宿命を持ち、メンテンス次第では皆様が生きている限り役目を果たします。
逆にメンテナンスを怠ると皆様が生きていく為に修繕を繰り返す羽目に陥る事もあります。


ではここで問題です。
下記の写真は建物の日陰になりやすい場所や通気性の悪い場所、植栽などから飛んできた出る壁や屋根に生える「藻」の一種です。
「カビ?」と一見判断される方はいますが、これは藻です。
これを放置しておくと、どんどんエリアが広くなり、そのうち藻だらけになります。
特に外壁が吹き付けや凸凹が激しいサイディングの場合、細かい隙間に入ってしまった藻は取る事が出来ません。

その写真がこれ↓
CIMG5226.JPG

緑色になっていますよね。
1階の手の届く場所なら対処のやりようがありますが、2階の高い場所だと足場や2連梯子等がないとお手上げです。

貴方が「そろそろ外壁を塗装しなきゃなー」と思う時期が来たとします。

まずは塗装を行っている業者に連絡して見積もりを取りますよね?
現地に来た工事店の方に貴方が「この藻が気になる」と話した時、大半の工事店は何というでしょうか?

1.「塗装する前には高圧洗浄をかけますのでそれで綺麗に落ちてしまいます。」

2.「その部分だけ擦って落としますので大丈夫です。」

3.「高圧洗浄の中に洗剤入れているので大丈夫です」


当社的にはどれも不正解な回答です。
初めに行っておきます。
外壁材や屋根材の凸凹が激しい素材の場合、高圧洗浄では細かな所に入った藻は取れません。
高圧洗浄をした後をよーく見てみてください。
高圧洗浄が入りきらなかった目に藻が残っていますから。

恐らく工事店の方はこう言うでしょう。
「これくらいは問題ありません。」

根拠は?確かに藻が塗装した表面の裏側で繁殖するとは考えにくいです。
密閉するのですから。
でも気分的にどうですか?

お風呂に入って体を適当に洗って洋服を着るのと、綺麗に洗って洋服を着るのはどちらがいいですか?
お金を払うならなおさら後者ですよね。

なので当社では特殊な液剤を使って高圧洗浄をする前に丁寧に藻の部分に塗りこみます。

特殊な液を塗りこんだ後の写真がこちら↓(高圧洗浄かける前です)
CIMG5258.JPG

っね。綺麗になったでしょ!

これを行い、高圧洗浄をかけて塗装工程へと流れます。

これが弊社の『藻除去作業』です。

私が聞く限り、藻除去作業を行っている会社さんはまだ聞いたことがありません。
高圧洗浄で!って会社が殆どです。

何故か?
藻除去という方法を知らないからです。

弊社では価格重視ではなく、手間を惜しまず丁寧に仕上げる事を心掛けています。
でも決して高くはありませんのでご依頼を!



塗装工事のお見積り、アドバイスも含め承っております。






posted by 株式会社 H・L・P at 15:35| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。